HOME   >    採用情報:テクアス教育システム

テクアスの研修はSTEP1〜6まであります。期間は個人のレベルや希望業種により異なりますが約1ヶ月から3ヶ月程度です。経験の有無や、理系か文系か、また機械科卒や電気科卒ではないなど、いろいろ不安はあると思います。でも心配はいりません!入社時のスキルに合わせ研修STEPのスタートを変更するのは勿論のこと、分野の得手不得手を早期に判断し、同じSTEPでも課題内容をアレンジするなど、一人ひとりに合わせた教育を行います。我々にはたくさんの社員を育ててきた実績があります。思い切って飛び込んで来て下さい!

社会経験の少ない方はここからスタートです。設計業界はPCに向ってコツコツのイメージかもしれませんが、実は人と接する事が非常に多い仕事です。お客様との仕様打合せや業者さんとの打合せ、また各部署間の調整など、打合せばかりで「図面を描く時間がない」なんていう日もあるぐらいです。どんな仕事でも一緒ですが、挨拶、言葉遣いからはじまり電話対応がしっかりできないと余計なトラブルのもとです。

未経験者の方は先ずはここからです。図面というものは、これから作ろうとする物を絵で表現するわけですから、当然いろんな形状が現れてきます。ここでは、どんな形の物でも絵で表現できるように簡単な物から順番に訓練していきます。

基礎製図法を勉強します。テキストを使って記号や用語などを座学にて習得し、そして写真のドラフターという製図版を使い手書きで実技訓練を行います。テクアスではこのドラフター研修に力を入れています。
それは、CADとは異なる頭の使い方をしなくてはならないからです。
詳細は入社後に説明します。

CADの操作方法を覚えてもらいます。2D、3Dの違いだけではなく複数の機種があります。自動車業界、機械業界などの違いによってもCADの使用機種は異なります。ですから場合によっては複数の研修を受けてもらうこともありますが、でも大丈夫!CADはそんに難しいものではありません。2機種、3機種と使いこなす先輩もいるので、あなたにもできます。

CADもなんとか使えるようになったところで今度はCADで製図の訓練です。CADを手足のように使えるようにたくさんの練習課題をこなします。そして最後の仕上げは製図の国家技能検定2級レベルの図面を描いてもらいます。でも、検定と違い時間はたっぷりあるうえに聞いたり調べたりも出来るので心配しなくても大丈夫!

まずは比較的シンプルな部品を組立図から抜き取り、部品図を描くことに慣れていただきます。組立図の中の部品形状を頭の中で立体化し、2D-CADにおいて部品図を作成していただきます。

日々の部品図作成業務の中で、ものづくりにおける知識を身につけて、その知識をもとに近い将来自分のアイデアで「機械設計」をしていただきます。自分が設計した機械が、自動車、航空機、鉄道、船舶といった様々な分野で、ものづくりに貢献しています。

配属先については、本社での請負業務か取引先での勤務か、自動車業界なのか機械業界かなどセンスや適性を見きわめ、また個人が思い描く将来をヒアリングしながら決定します。本社での請負業務は、様々な機械の設計をしていますので覚えるのは大変ですが、多種多様の経験を積むことができます。取引先での勤務は、自分が作図したものや設計したものを直接見たり触ったり、製造工程や業務の流れなどが体感できるので未経験者には経験を積む最高のフィールドです。

国家技能検定「機械・プラント製図2級」の取得を目指します。
職場で培って来た能力と経験を活かし受検。そのための社内勉強会なども実施しております。 また、テクアス本社も実技試験会場となっていますので慣れた環境で受検できます。
実務経験7年で1級の受検も可能です。スキルアップのために積極的に受検しましょう。

仕事としては個人差もありますが3年程度で基礎知識習得レベルには達します。 しかし、一人前の技術者になるには5年から10年の経験と努力が必要です。 工程やコストを考えた設計ができ、少グループの技術リーダーとして活躍できる人材に成長されることを期待します。